脂漏性脱毛症 プロペシア

脂漏性脱毛症はプロペシアで治るのか?

結論から言うと、プロペシアは脂漏性脱毛症にはあまり有効とはいえません。

 

それは、プロペシアというのがそもそも男性ホルモンが原因の薄毛のために使われるもので、脂漏性脱毛症は男性ホルモンとはあまり関係の無い頭皮の皮膚の疾患(脂漏性皮膚炎)が原因でおきる薄毛だからです。→プロペシアが有効な脱毛症の種類

 

 

脂漏性皮膚炎と脂漏性脱毛症

脂漏性皮膚炎は、皮膚の常在菌である真菌(マラセチア菌)が原因でおきる皮膚炎で、主に生え際に症状が出ます。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状としては、主に生え際など幹部に赤みが出て、かゆみを伴う湿疹ができます。
また、湿疹から皮膚が剥がれるのでフケが大量にでるため、フケが急に増えたというのは脂漏性皮膚炎のひとつの目印にもなります。

 

この皮膚炎が起きると、毛穴が腫れや皮脂でふさがれてしまうので、その結果毛髪にも影響が出て、ついには脱毛症が起きてしまう、というのが脂漏性脱毛症です。
そのため、脂漏性脱毛症を治すには、まず脂漏性皮膚炎を治していく必要があり、そのためには、真菌(マラセチア菌)を退治するしかありません。

 

こう考えればより分かりやすいと思いますが、男性ホルモンを抑えるための薬:プロペシアでは、真菌(マラセチア菌)を退治することは出来ませんから、プロペシアで脂漏性脱毛症が治るか?という疑問はかなり見当違いと言うほかありません。

 

 

厄介なマラセチア菌、どう退治する?

脂漏性皮膚炎の原因は常在菌:マラセチア菌という菌のため、完全に治しておかないと、再発・慢性化する恐れがあり、厄介です。
短期的な治療では、細菌が原因のためステロイド治療が行われます。

 

 

しかし、ステロイド剤には欠点があります。

 

 

まず、ステロイド剤は長期間使用すると副作用などの弊害があるという点です。
また、中途半端に使用をやめると菌に耐性ができてしまい再発・慢性化してしまう危険性があります。
菌がステロイド耐性を持ってしまうと非常にやっかいで、退治するのにもより強力な薬が必要になりますから、ぜひ中途半端なステロイド治療には気をつけたいところです。

 

 

そのため、最近ではケトコナゾール外用薬による治療が行われるようになりました。
ケトコナゾール外用薬はもともと白癬やカンジタなどに使われていた薬ですが、脂漏性皮膚炎の治療にも効果があることがわかったからです。

 

 

薬品以外でもできる!マラセチア菌対策

脂漏性皮膚炎が脱毛症に発展するのには理由があります。
マラセチア菌が原因で発生したフケや皮脂で毛穴がふさがれてしまうのが直接の原因です。

 

そうすると、毛穴周辺や毛根が炎症を起こして髪の毛が細くなってしまいます。
また、抜け毛が出るなどの症状も出てきます。

 

 

このような症状が出てくると、それは脂漏性皮膚炎が原因の脂漏性脱毛症になってしまいます。

 

 

脂漏性皮膚炎そして、そこから発展した脂漏性脱毛症の原因マラセチア菌。
この菌に対策するシャンプーがあります。

 

 

日本初の抗カビ成分配合のシャンプー「コラージュフルフル」です。

 

コラージュフルフルに抗カビ成分として配合されているのが「硝酸ミコナゾール」。
硝酸ミコナゾールは抗真菌薬です。
コラージュフルフルにはこの抗真菌薬が0.75%配合されています。

 

 

さて、先ほど最近の治療に使われると例に挙げたケトコナゾール外用薬。
コラージュフルフルに配合の硝酸ミコナゾールと名前が似ています。
どちらも同じ抗真菌剤なので、名前の由来の意味が似ているため、成分名も似ているんでしょうね。

 

 

ただ、硝酸ミコナゾールはケトコナゾール外用薬に比べて抗菌作用は弱く、一部それを理由にコラージュフルフルには全く意味が無いとする意見のサイトがあります。

 

ただ、私は、コラージュフルフルに全く意味が無いか?というとそんなことは無いと考えています。

 

どちらも同じ抗真菌剤ですし、毎日のシャンプーで皮脂をしっかり落としつつ、抗真菌薬でケアするというのは、脂漏性脱毛症対策としてはかなり良い対処法ではないかと思うからです。